一般人の徒然

一般人の徒然

日々気になったことをジャンル問わず、幅広く考えていきます。

一般人の徒然

コーヒーを飲むなら「マキネッタ」がおすすめ。お手入れが簡単で手軽に楽しめる!

 

みなさん、コーヒー飲んでいますか?

 

最近では「コンビニコーヒー」に「サードウェーブコーヒー」と美味しいコーヒーを手軽に楽しめるようになってきています。でもわざわざコーヒーのためだけに外に出るのも大変ですよね。毎日飲むとなるとそこそこの出費ですし。

 

だったら家でコーヒー淹れちゃいましょう!

 

好きな豆を買って、香りを楽しみながら自分で淹れるコーヒーはいいもんです。もはや飲むよりも淹れるほうがメインイベントだったり。

  

ただし、問題点が1つ。

片付けやお手入れが凄い面倒なんですよ。

ゴミはでるわ、粉は散乱するわ、洗い物も一気に増えるわでもう大変。それを毎日1、2杯のためにするのは地殻を突き破るレベルで腰が重い。

 

しかしそんな問題を解決してくれる素晴らしい器具があるのです。

それが「マキネッタ」

 

というわけで今回はマキネッタの素晴らしさを存分にご紹介していこうと思います。

 

f:id:kotokatari:20170518200611j:plain

 

 

【目次】

 

 

マキネッタとは?

簡単に言えば「直火式のエスプレッソメーカー」です。マキネッタにコーヒー豆と水をセットし、火にかける。たったこれだけで本格的なコーヒーを抽出することができます。

 

エスプレッソメーカー”というだけあって、濃い目のコーヒーを抽出することができます。と言ってもマシンを用いて抽出されるエスプレッソに比べればそこまで濃くはないので、全然そのままブラックでも飲めちゃいます。ドリップ以上エスプレッソマシン未満といった感じ。

 

牛乳を足してカフェラテにしてもよし、お湯を足してアメリカンにしてもよし、そのまま飲んでもよし、と本当に優秀な子です。  

 

 

「淹れるの簡単!お手入れ簡単!」炎の四番勝負

マキネッタの真価はなんと言ってもそのお手軽さ

ここでは他の代表的な抽出方法と比較しながら考えてみたいと思います。 

ちなみに味については考慮しないということで。

  

VS ハンドドリップ

f:id:kotokatari:20170518194536j:plain

コーヒーを家庭で楽しむといったら最初の選択肢として挙がってくるのが「ハンドドリップ」

確かにお手軽、それは間違いないです。

 

でも美味しく淹れるの結構難しいんですよね・・・。

 

各地でコーヒー教室が開かれているほど、想像以上に繊細な技術が必要とされているのがハンドドリップ。初心者は中々上手に抽出することができません。かく言う自分もどれほどのコーヒー豆を泥水に変えてきたことか・・・。

マキネッタでコーヒーを淹れる際にテクニックは必要ないので、ここはマキネッタに軍配があがりますね。

 

 

VS フレンチプレス

f:id:kotokatari:20170518200824j:plain

お次は手で圧力をぐっとかけて抽出する「フレンチプレス」。

マキネッタもフレンチプレスもどちらも抽出後、そのままサーバーとして使用することができるので、洗い物の数的には差はなし。

 

しかし問題はその洗い物の中身。

 

フレンチプレスは底に抽出後のコーヒー豆が溜まってしまうので、結構お手入れが面倒なんですよね。あの掻き出していく感じがちょっとしんどい。

一方マキネッタは、コーヒー豆が処理しやすい場所に固められているので非常にお手入れが簡単。その間わずか10秒。

この勝負もマキネッタの勝利

 

 

VS サイフォン

f:id:kotokatari:20170518220851j:plain

理科の実験器具のようなルックスの「サイフォン」。抽出の様子を見ていると童心に返ります。

とにかく淹れるのが難しい。温度調整と撹拌が鬼。

決して”お手軽”とは言えないので、マキネッタの勝利ってことで。

ちなみに反射で映っているナイスガイは筆者ではないです。

 

 

VS コーヒーメーカー

f:id:kotokatari:20170518202137j:plain

さあ最終勝負は、使用者が最も多そうな「コーヒーメーカー」

ザ・お手軽の代名詞。ミル付きのやつなら豆と水をセットしてボタンを押すだけで淹れてくれますからね。どんなに忙しいときでも美味しいコーヒーを楽しむことができます。

というわけで淹れる際の手間ではマキネッタの完敗・・・。

 

しかーし!

 

とにかくコーヒーメーカーはお手入れが面倒!でもこまめに洗わないと故障することがあるんですよね・・・。

その点マキネッタは簡単に分解できて、しかも水洗いでOKだから超ラクです。後片付けはマキネッタの圧勝ですね。

 

ここまで1対1で五分五分の勝負。さあこのまま引き分け・・・・

 

いやいや1つ忘れていることがありますよ。

そう、値段です!

 

マキネッタは大体3000円程度が相場。一方コーヒーメーカーは安いものでも1万円くらいはします。”お手軽”という観点から見ればマキネッタの勝利と言えるのかな? うん、そういうことで。

 

 

マキネッタにおすすめのコーヒーミル

せっかくマキネッタでコーヒーを淹れるなら、挽き方にもこだわりたいですよね。

マキネッタは細挽きが丁度いい挽き目と言われてます。

最初のうちはお店で挽いてもらうのも全然ありだと思いますが、豆は1度挽いてしまうと一気に香りが飛んでしまうので、早めに飲まないと本来の風味を味わえなくなります。

 

だったら、もうコーヒーミル買って家で挽いちゃいましょう!

 

おすすめはこち

  • コーヒー豆が飛散しにくく、周りを汚さない。
  • お手入れが他のミルと比較して超簡単。
  • マキネッタ専用の挽き目がある。細挽きが得意。

と、まさにマキネッタでコーヒーを飲むための申し子のような存在

普通にハンドドリップやエスプレッソ用にも使えますので興味あるかたは是非調べてみてください。

 

 

まとめ

というわけでマキネッタについて色々とまとめてみました。

「とにかく気軽に、尚且つお店レベルのコーヒーを楽しみたい!」というかたには、マキネッタがベストアンサー!(エアロプレスもありかも)

 

ちなみにマキネッタは

 

ビアレッティ モカエキスプレス(アルミニウム製・伝統の味)

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 2カップ

ビアレッティ 直火式 モカエキスプレス 2カップ

  • 出版社/メーカー: BIALETTI (ビアレッティ)
  • メディア: Housewares

 

 

ビアレッティ ヴィーナス(ステンレス製・IH対応)

ビアレッティ 直火式 ヴィーナス 4カップ 1682

ビアレッティ 直火式 ヴィーナス 4カップ 1682

  • 出版社/メーカー: BIALETTI (ビアレッティ)
  • メディア: ホーム&キッチン

 

 

 ビアレッティ ブリッカ(エスプレッソのようなクレマ=泡がつくれる)

ビアレッティ ブリッカ 2カップ 6188

ビアレッティ ブリッカ 2カップ 6188

  • 出版社/メーカー: BIALETTI (ビアレッティ)
  • メディア: ホーム&キッチン

 

 

このあたりがお手頃でおすすめ。

 

 

イタリアの伝統の味「マキネッタ」、是非みなさんも試してみては?

 

広告を非表示にする