一般人の徒然

一般人の徒然

日々気になったことをジャンル問わず、幅広く考えていきます。

一般人の徒然

念願の『ラーメン二郎 京都店』にやっと行けたので店の様子、味の感想をまとめてみた

 

以前こちらの記事で

「風邪引いたから二郎系食べに行く」

と宣言しました。

 

結局それから約1週間が経ってしまったわけですが、

遂に、やっと念願叶って二郎に行くことができました!

 

4月2日のオープンから人が途絶える気配が全くない『ラーメン二郎 京都店』。

せっかく食べることができたので、味の感想とともに店の様子をレポートしてみたいと思います。

 

 

【目次】

 

 

概要

関西でも随一のラーメン激戦区「京都一乗寺」に京都店はあります。

叡山電車一乗寺駅』から徒歩1分以内。本当に目と鼻の先です。

 

f:id:kotokatari:20170430163404j:plain

 

f:id:kotokatari:20170430022623j:plain

 

4月2日のオープン以来お店は大盛況で、連日開店から僅かな時間で整理券の配布が終了してしまうほど。

私が訪れた日(2017年4月29日)も12時の開店から1時間程度で整理券の配布が終了していました。休日に食べに行く際は、開店から1時間以内(12時〜13時)には到着しておいたほうが安心。

GWが本格的に始まると、もっと早い時間に整理券がなくなりそうですね・・・。

 

 

いざ入店

整理券の順番を待つこと3時間。やっと自分の番が回ってきました(店前で待つと迷惑になるので、指定時間10分前まで別の場所で時間を潰したほうがいいみたいです)。

 

指定時間の10分前に到着すると、外に立っているお店のかたが

「もう大丈夫ですよ」

と中に通してくれました。

 

店舗脇の通路を通って・・・

f:id:kotokatari:20170430164531j:plain

 

 

入口横の券売機で小ラーメンの食券を購入(豚増しは売り切れていました)。券売機の正面には、黒烏龍茶が大量にディスプレイされた自販機。その右隣には冷水機があり、冷水機の上にはレンゲが置いてありました。

 

 

整理券のおかげか待ち時間はなく、スムーズに着席まで行くことができました。

f:id:kotokatari:20170430164650j:plain

 

お店はとても静かでしたが、居心地が悪いかと言われたらそうでもなく、心地のよい絶妙な雰囲気。

さらに待つこと10分、ついに待ち望んだ瞬間が。

「小ラーメンのかた、ニンニク入れますか?」

 

 

着丼

f:id:kotokatari:20170430173457j:plain

小ラーメン ニンニクヤサイアブラ 730円

それではいただきます。

 

f:id:kotokatari:20170430173913j:plain

非常にモチモチとした食感で、スープがしっかりと染み込んでいました。

 

f:id:kotokatari:20170430174555j:plain

んまいっ!

肉の食感や風味を残したまま、しっかりと味付けされていました。

 

f:id:kotokatari:20170430174848j:plain

非常にマイルドな味わいでパンチはないものの、まったりこってりで美味しい。

豚の風味を強く感じました。

少々薄いかなと感じたので卓上調味料で調整。

 

 

関西にも美味しい二郎系ラーメンはありますが、やはりさすが本家。

量、味ともにインスパイアとの違いを見せつけてくれました。

野菜がクタクタで少し水っぽかったのだけが残念。

 

 

まとめ

というわけで今回はラーメン二郎 京都店』に行ってきました。

食べた直後は「もう食べたくない」と思っても、またすぐに食べたくなるのがお約束。

近日また伺いたいとは思っていますが、京都の中心部(四条河原町)から結構離れているのと、待ち時間の長さから中々気軽には行けそうにないです。

ですがいつの日か、売り切れだった「豚ラーメン」のリベンジのために、必ず再訪したいと思います!

 

広告を非表示にする