一般人の徒然

一般人の徒然

日々気になったことをジャンル問わず、幅広く考えていきます。

一般人の徒然

にわかが「欅坂46」を色々な角度から考察してみた

 

f:id:kotokatari:20170625022442j:plain

 

先日NHKの「SONGS」にAKB(坂道)グループの1ユニットである欅坂46が出演していました。

 

なんでも今1番勢いのあるアイドルグループということで、何故人気があるのか色々な角度から分析してみることにしました。

 

 

【目次】

 

 

欅坂46とは?

欅坂46(以下欅)は2015年に結成されたアイドルグループです。姉妹グループは「乃木坂46」、そして他グループで言う2期生に該当する「けやき坂46」。

 

4月1日時点でメンバーは21名と比較的大所帯のグループです。

 

AKBグループの特徴である劇場を持たないため乃木坂46と同様に自分たちの冠番組を拠点に活動しているようです。

 

 

 

完成形アイドルグループ

平均年齢の高さ

アイドルグループが「まだまだ未熟な少女の成長を応援する」か「完成されたパフォーマンスを楽しむ」のどちらかであるとすれば欅はどちらかと言えば後者に属すると思います。

 

その証拠に欅は新しく結成されたアイドルグループにしては平均年齢が約18〜19歳と比較的高いです。一方AKBグループの中でも妹グループであるHKT48やNGT48はまだまだ中学、高校生メンバーが多く「メンバーの成長を楽しむ」AKBグループらしいと言えます。

 

 

「AKB」という枠組みの中での完成度

とはいえ欅の上手いところは「成長を楽しむ」要素も持ち合わせているところです。

 

確かに欅はデビューした時点でAKBグループと比較して完成されていましたが、それはあくまでAKBグループのデビュー時点と比較しての話でまだまだ成長の余地は存分に残されています。

 

真の完成形アイドルグループをPerfumeE-girlsなどとするならば欅はまだまだ完成形とは言えないでしょう。

 

しかしAKBに関連するグループという前提があることによって「成長を楽しむ」ことに加え「完成度の高さ」という要素を得ることができています。

 

両方の要素を併せ持つことによって二度楽しめるグループになっていますし、どちらのファンも取り込むことに成功しています。

 

 

完成形+成長系グループの弱点

「成長を楽しむ」「完成度の高さ」を併せ持つ数少ないアイドルグループとして他に東京女子流を挙げることができます。しかし残念ながら彼女たちは大衆的な人気を勝ち得ているとはまだ言えません。

 

欅との違いを考えていく上でポイントになるのは「完成形」「成長系」グループのそれぞれの弱点です。

 

完成形アイドルグループはTVやCDなどの表面的なメディアによって人気を得ています。従って一般的な人気や女性人気などがありますが、あくまでメインコンテンツはパフォーマンスであるためどうしてもファンとメンバーとの間に距離ができてしまいます。特に結成当初はどうしても取っ付きにくさが生じてしまいます。

 

一方成長系アイドルグループはメンバーの努力している姿を売りにしており、ファンがメンバーと寄り添って活動していくことをメインコンテンツとしています。ファンとの距離感は非常に近いですが、パフォーマンスはまだまだ稚拙であるため一瞬の勝負であるメディアの露出では一般人の目を引くことはできません。

 

「完成形」+「成長系」グループであるということは2つのメリットを持ち合わせるのと同時にデメリットも持つことになります。

 

欅はAKBや乃木坂の話題性やイメージによって親しみやすさを初めから得ており、さらには冠番組や握手会によって個々のメンバーの内面を知る機会が多く用意されています。それによって完成形グループにありがちのメンバーとファンの距離感を解消しています。さらに一般の視聴者からは前述したように、AKBという前提のもと完成度の高さで目を引くことができています。

 

このようにAKBグループの枠内にあることによって欅は「完成形」と「成長系」のデメリットを打ち消すことに成功しています。

 

 

乃木坂から受け継いだ清楚感

先輩グループである「乃木坂46」。彼女たちのビジュアル、楽曲、ダンスは清楚なお嬢様を連想させるものです(バラエティなどは抜きにして考えています)。妹分である欅も当然その要素を受け継いでいるのだろうと普通は考えますよね。しかし実際の彼女たちを見ると清楚というよりどちらかと言うと「かっこいい」という言葉が当てはまります。そこでただの妹分ではない、あくまで独立した別グループであるという印象を与えることができています。

 

さらにAKBから受け継いだ「クラスメイトにいそうな身近な感じ」、乃木坂から受け継いだ「手の届かない清楚なお嬢様感」、そして欅そのものが持つ「アーティストとしてのかっこよさ」という3つの印象を兼ね備えることに成功しておりそこが欅の完成度をさらに高めています。

 

 

 

センター平手友梨奈の存在

センターに必要なもの

今まで男女問わず様々なアイドルグループにおけるセンターを見てきましたが、彼女ほど「センター」という言葉が似合うアイドルは見たことがありません。それほどに初めてサイレントマジョリティーのPVを見たとき衝撃を受けました。

 

固定センターに必要な素質をどう考えるか。それは人それぞれによって意見が違うと思います。私は以下の3つをセンターに必要な素質であると考えています。

1.無色透明であること。

2.小さいこと。

3.存在感が大きいこと。

 

 

1.無色透明であること

これは適切な言葉を見つけるのがとても難しいのですが、良く言えばおさまりがいい、悪く言えば無機質と言えばいいでしょうか。

 

センターというのはその曲の顔でもあります。固定されたセンターはかっこいい曲、かわいい曲などどんな曲にも「似合っている」必要があります。そういう意味でセンターはどのような色にも染まる無色のイメージを持つことが1つの条件になると思います。

 

また固定された単独センターの個性が強すぎるとセンターの存在感があり過ぎて他のメンバーが色褪せて見えてしまうことがあります。そういう意味でセンターは、個性ある他のメンバーの引き立て役である必要もあると思います。

 

 

2.小さいこと

センターというのはその曲の主役であり、視聴者が最も感情移入しやすい存在です。人は大きいものよりも小さいものの方に親近感を覚えます。

 

また全体的な見栄えとしても1列目真ん中が小さいほうが遠近法で綺麗に見えますし、おさまりがいいですよね。

 

 

3.存在感が大きいこと

当たり前のことですがセンターが存在感がなく、埋もれてしまえばそれは最早センターとは言えません。

 

見せ場で大きな存在感を示せることがセンターにおいて最も重要な素質です。

 

 

センターは少年漫画の主人公であれ

以上の3つの要素、他のものに例えることができます。

 

それが少年漫画の主人公です。人気漫画では大抵主人公は無個性で、脇を固めるキャラクターの存在感のほうが強いことが多いです。

 

また主人公は他のキャラクターよりも身長が低いことが多いです。背の高いことが特徴の主人公ってあまり見ませんよね。

 

そして人気漫画の主人公は連載が長期になっていくほど他の脇役キャラクターに埋もれ存在感がなくなっていきますが、いざというときの見せ場では大きな存在感を見せ主人公であることを感じさせてくれます。

 

 

平手友梨奈の場合

さて平手友梨奈に話を戻します。

 

欅は今まで4枚のCDをリリースしており、平手さんはその全てのA面センターを完璧に務めています。未だ王道アイドルソングという曲がないので実際のところはどうなるかは分かりませんが、バラエティーで彼女の笑顔や可愛いらしい表情を見る限りきっと務め上げてくれることでしょう。

 

また最年少センターであるということが大きな話題を生みましたが、若いというのは「小さいこと」に通じるものがあるような気がします。年上より年下のほうが母性本能からくる親近感ありますし。

 

そして平手さんは髪の毛と目の使い方が本当に上手いです。髪の毛を効果的に使うことで存在感をアピールしています。髪の毛の動きってついつい目で追ってしまいますよね。そこで視線を引きつけてあの鋭い目つきでドーンですよ。あれをやられちゃうと目が離せなくなります。

 

 

 

けやき坂46から考える2期生のありかた

けやき坂46(ひらがなけやき)とは?

けやき坂46(以下けやき)は欅坂46(以下欅)の下部組織にあたるグループです。

 

いわゆるアンダーメンバーのような立ち位置で、欅への昇格を目標に据えて活動を行っていくようです。

 

2015年の11月に結成され2017年の4月現在でメンバーは12名、さらに夏には増員のオーディションが行われることが発表されました。

 

 

様々な2期生のありかた

アイドルグループによって2期生の扱い方は様々です。1番メジャーなのは新しく正規メンバーに加えることですね。基本的にメンバーが卒業した際に補充という形でメンバーを増員することが多いです。「モーニング娘。」をはじめ様々なグループがこの方式をとっています。

 

AKB48グループや地下アイドルによく見られるのはチーム制です。グループ内にいくつかのチームをつくりそれを同列に扱う。チーム制には一気に多くのメンバーを増員することができるメリットがあります。メディアに露出するメンバーを曲毎に選抜するため、メンバーが固定されにくく補充制よりも世代交代がしやすくなります。

 

そして先輩グループである乃木坂46も採用しているのがアンダー(研究生)制です。1軍と2軍にメンバーを分け、主に露出するのは1軍である正規メンバー。こちらも基本的にチーム制と同様選抜メンバー(1軍)がメディアに露出するわけですが、チーム制とは異なり1軍と2軍に明確な上下関係が存在します。

 

 

欅坂46における2期生

欅はお姉さんグループでもある乃木坂46の「アンダー制」を採用しています。1期生は正規メンバーである「欅坂46」として活動し、2期生以降は欅への昇格を目指して「けやき坂46」として活動する。まさに乃木坂と同じ構図ですよね。

 

しかし乃木坂との大きな違いはアンダーにグループ名がついていることです。乃木坂でもアンダーメンバーでの曲があったり、単独ライブがあったりしましたがあくまでそれは「乃木坂46」に付随する形でのものでした。しかしけやきの場合グループ名が与えられていることによって欅とは独立した活動が可能になります(例えばけやき名義でのCD発売など)。このことによって単なる上下関係ではなく、チーム制にあるような対等なライバル関係を生み出しています。

 

このライバル関係において鍵を握っているのが長濱ねるの存在です。

 

 

長濱ねるの重要性

長濱ねるさんは2015年にけやきに最初のメンバーとして加入し、2016年の6月からは欅+けやきの兼任として活動しています(そこに至る経緯はこちら)。

 

現在ではセンターである平手友梨奈さんに次ぐ2番手のポジションで活躍をしています。

 

この長濱さんがけやき坂46のメンバーであり、欅坂46の2番手であるということが大きな意味を持っています。

 

先程も述べたように欅とけやきは上下関係であるのと同時に対等なライバル関係でもあります。しかし正規メンバーである欅と遅れて活動を開始したけやきでは明らかな実力差、人気差があり実際のところ対等なライバルとは言えません。そこで長濱ねるさんがけやきのエースとして活躍することによって「1番手の平手友梨奈率いる欅 vs 2番手の長濱ねる率いるけやき」の対決を演出することができます。正規 vs アンダーの構図を払拭し、対等なライバル関係であることを印象づけることができますよね。

 

けやきの結成は1期生のお披露目から約3ヶ月後と非常に早いものでした(2期生の加入はその約半年後)。このペースの早さも「けやき坂46としての単独活動」を意識したものでしょう。

 

 

今後の展望

既にけやきの増員も発表していることですし、まずは単独グループとしての「けやき坂46」を印象づける本格的な活動が早急に望まれます。

 

またけやきがアンダーグループであるという印象を払拭するためにもしばらくの間長濱さんはけやきをメインに活動するべきではないでしょうか。

 

けやき坂46は面白い試みです。うまく扱えば、様々なアイドルグループが手を焼いているアンダー制の解決策にもなり得るかもしれません。それだけに運営が難しくなっているとは思いますが、果たして今後ただのアンダーグループに落ち着いてしまうのか、それとも新しい可能性を見せてくれるのか非常に楽しみです。EXILEJ Soul Brothersのような関係が理想

 

 

 

楽曲から見る欅坂46

シングル曲

2017年4月現在でCDは4枚発売されています。4つの表題曲はどれをとってもアイドルらしい元気な曲というより独特の世界観による優雅で力強いという表現がしっくりくるような曲に仕上がっています。まだまだ上手いと言える歌唱力ではないですが、その初々しさが今までの無機質な曲調とぴったり合っています。

 

欅坂46の作詞は当然のことながら秋元康さんなわけですが、他のAKBグループや乃木坂46と比較すると自意識を前面に押し出したフレーズが多いです。

 

サイレントマジョリティーのヒットを受けてこのような曲調が続いているのかもしれませんが、そろそろ他のAKBグループでよく見られる「君と僕の切ないラブソング」や「明るいフリフリアイドルソング」を表題曲で聴いてみたいですよね(ごめんね、SUMMERやガールズルールみたいな夏歌が聴きたい)。

 

 

ダンス

欅は他のAKBグループ、乃木坂と比較してフォーメーションダンスが多いです。個人個人の振りで魅せるよりも全体として見たときの美しさ、迫力を重視した振り付けになっています。

 

先日発売された乃木坂46の「インフルエンサー」と欅坂46の「不協和音」がいい対比になっています。

 

インフルエンサー」が手を細かく使い、振りが基本的に個人で完結しているのに対して、「不協和音」は体全体を大きく使い、頻繁にポジションチェンジを行うことによって引きの絵で綺麗に見えるようになっています。

 

  

選抜メンバー

過去4枚のシングルでは欅のメンバー全員が選抜されています。アンダーとしてけやきが存在しているのでこの欅全員選抜は今後も続くと思われますが、そうなった場合気になるのは降格の有無です

 

近い将来2期生の中から欅坂46に昇格する者が必ず出てきます。1人2人ならばいいのですが、5人10人となってくると欅のメンバー全員で歌うわけにはいかなくなります。その際「欅坂46の中からシングル曲を歌う選抜メンバーを決めるのか」、それとも「何人かのメンバーを欅坂46からけやき坂46に降格させるのか」が非常に気になるところです。

 

 

 

欅坂46とアイドル界の勢力

トップ不在のアイドル界

2010年頃、アイドル界はAKB48を頂点としてSKE48、SUPER GiRLS、ももいろクローバーぱすぽ☆、Fairiesなど群雄割拠のまさにアイドル戦国時代でした。それからしばらくたち、アイドル界も大分落ち着いてきました。現在は総合的トップグループが不在の状況にあると言えます。アイドルグループが多様化し、指標によってトップが異なっている1強不在の状況です。

 

 

乃木坂46を超えることはできるのか?

このような状況の中ここ数年最も勢いがあると言われていたのが乃木坂46です。AKB48の人気の落ち込みを支え、その勢いで一気にトップに躍り出ました。

 

最近では乃木坂の人気も落ち着いてきた感があります。かつて48グループはどの支店グループも本店であるAKB48の人気を超えることができませんでした。その結果AKB48の人気低迷とともに少しずつ衰退していっています。

 

欅坂46乃木坂46を超えることができなければ、また同じ結末を招くことになるでしょう。AKBグループの未来は、欅坂46の成長にかかっています。

 

 

こちらの記事もよければどうぞ(欅の曲も紹介しています)。

 

広告を非表示にする