一般人の徒然

一般人の徒然

日々気になったことをジャンル問わず、幅広く考えていきます。

一般人の徒然

YouTubeが1万再生未満のチャンネルの広告を廃止した件について

 

 

ここ最近のYouTubeの代名詞と言えるくらいどの動画にも貼り付けられていた広告ですが、チャンネルの総再生数が1万回に満たないチャンネルは広告が表示されない仕様に変更されるようです。

 

youtube-creators.googleblog.com

 

他人の著作物を無断転載して収益をあげているチャンネルへの対策として実施されるようですね。

 

元々YouTubeの広告設置は個人のオリジナルコンテンツを増やすことが目的だったと言われています。

数年前は転載動画や個人のホームビデオばかりだったYouTubeも、YouTuberを筆頭に多くのクリエーターが独自の動画を投稿し、現在ではオリジナルコンテンツが充実しています。

今回の件でクリエイターの新規参入は間違いなく厳しいものになっています。YouTube側は「影響がない」とコメントしていますが、それでも今までは対策を講じず、今回踏み切ったのはオリジナルコンテンツはもう十分であると考えているからでしょう。

 

今日広告収益を利用するYouTubeクリエイターは世界的に増加の一途を辿っています。企業からの広告料も決まっているので1再生あたりに支払われている広告収入も下がっているようです。

今後は1万再生と言わず段階的に広告を貼るための必要再生数をあげていって、現在のトップクリエイターを保護する方針に切り替えていくのではないでしょうか?

また広告を利用できるチャンネル数も減っていくため、YouTube側のチャンネルの審査も容易になります。著作物の転載だけではなく、動画の内容まで踏み込んで広告を取り上げることができるようになるということです。

企業側としては健全な動画に広告を載せたいと考えるでしょうから、そのうちYouTubeも今日のテレビ業界と同様「コンプライアンス」が叫ばれる時代になっていくのかもしれません。

 

 

広告を非表示にする